スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中部空港でシンガポール機トラブル、滑走路一時閉鎖(読売新聞)

 21日午前8時頃、愛知県常滑市の中部国際空港で、シンガポール発中部空港行きシンガポール航空672便(エアバス330―300)が着陸後、滑走路中央付近に停止した。

 同空港会社が牽引(けんいん)車を使って到着スポットまで移動させたが、同滑走路は15分間閉鎖され、国内線の出発便7便に約20~30分の遅れが出た。

 乗員・乗客275人にけがなどはなかった。

 国土交通省中部空港事務所などが原因を調べている。

タイに潜伏の組員逮捕 神奈川・平塚の抗争、殺人容疑で国際手配(産経新聞)
14隻にも長時間の空白=羅臼漁協、違法操業を隠ぺいか-国後島沖銃撃・北海道調査(時事通信)
もんじゅ再開へ協議申し入れ=地元福井県などに-原子力機構(時事通信)
小沢氏ねだる? オバマ米大統領との面会、実現可能性は(産経新聞)
<殺人未遂容疑>「介護に疲れ」母を 48歳逮捕(毎日新聞)
スポンサーサイト

国会運営「なめられっぱなしだ!」 自民、副幹事長から執行部に厳しい声 (産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長と川崎二郎国対委員長は19日、党本部に副幹事長を緊急招集し、平成22年度予算案をめぐる国会対応をめぐり意見交換した。予算案の年度内成立が確実な情勢の中で、党内では国会運営への不満が渦巻いており、各派閥代表である副幹事長に「ご相談」を持ちかけ、ガス抜きを図ったようだ。

 会合で、大島、川崎両氏は、衆院予算委員会で要求している「政治とカネ」をめぐる証人喚問や参考人招致を与党側が応じなければ、22日から審議拒否を検討する考えを表明。副幹事長からは「与党になめられっぱなしのまま予算案の衆院通過を許してはならない」など厳しい声が相次ぎ、最終的に予算案の年度内成立が決定的となる3月2日までの衆院通過を阻止していくことで一致した。

 だが、審議拒否は「委員会に参加して追及した方がダメージは大きい」(柴山昌彦衆院議員)と否定的な声が続出。与党に譲歩を引き出す材料さえ見つけられない国対幹部の無策ぶりに批判の声は相次ぎ、ある副幹事長は「どこまでもなめられっぱなしだ」と吐き捨てた。(水内茂幸)

【関連記事】
「谷垣語解釈して」記者会見で謎の訴え
自民が参院比例で衆院落選の小坂、佐藤両氏を公認へ
コアラ、ビックリ?三原じゅん子、自民から参院選出馬!?
自民党内に危機感 舛添氏が新勉強会発足 
自民、参院選にらみネット解禁法案策定へ

女性医師が出産後も働ける環境を―福島少子化担当相(医療介護CBニュース)
直接支払制度の猶予継続を検討―厚労省(医療介護CBニュース)
<寺島しのぶさん>ベルリン映画祭で最優秀女優賞(毎日新聞)
認知症の人の支援に「地域のつながり」を(医療介護CBニュース)
審議拒否“不発” 自民いがみ合い 谷川氏「与党にはカエルの面に…だ」(産経新聞)

幕末の京を再現「都をどり」 あでやか衣装合わせ 京都(産経新聞)

 京に春の訪れを告げる「都をどり」の芸舞妓(まいこ)の衣装合わせが24日、祇園甲部歌舞練場(京都市東山区)であり、写真撮影に臨んだ。

 今年の演題は「桜花訪京都歴史(はなにきくみやこのれきし)」。NHK大河ドラマ「龍馬伝」にちなんだ幕末の京都も組み込み、お茶屋「一力亭」の江戸時代の座敷も登場する。

 公演は4月1日から。第1景は24人が出演し、総勢112人が優美な舞を披露。舞妓の佳(か)つ幸(ゆき)さんは「華やかな総おどりも楽しんでいただけたら」。

【関連記事】
特大鏡もち抱え男女79人が腕自慢 京都・醍醐寺で恒例の「五大力さん」
廃藩置県のまま変わらぬ日本…「関西州」は必要か 
京都市長が関空-京都のヘリ導入に前向き 森ビル事業を視察
今は書家…あの探偵!ナイト越前屋俵太、ユニークな町おこし
古都の春は早いどすえ 舞妓さん「北野をどり」へ衣装合わせ

【党首討論詳報】(3)谷垣氏「助け舟を出したつもり」(産経新聞)
全日空、点検不備で6便欠航(産経新聞)
民主の「政治とカネ」参院選に影響…連合会長(読売新聞)
<岐阜刑務所>看守部長が同僚の金盗み懲戒(毎日新聞)
高円寺駅の救出劇、勇気の会社員「奇跡と実感」(読売新聞)

「撮り鉄」本格捜査へ 「犯罪行為」「タブー」 マナーめぐり論議(産経新聞)

 お座敷列車「あすか」の運行トラブルをきっかけに、鉄道ファンの間で撮影マナーについて熱い議論が展開されている。

 月刊誌「鉄道ファン」(交友社)編集部は、運行トラブルから3日後の17日、ホームページに「お願いとお知らせ」を掲載。トラブルに「大きなショックを受け、危機感を深めたしだいです。線路内に立ち入ったり、他人の家屋に無断で立ち入っての撮影などは犯罪行為です」と呼びかけた。

 また、鉄道情報サイト「鉄道コム」では、「鉄道ファンのマナーを考えよう!」と題した緊急企画が始まり、一部ファンによる悪質な撮影を非難する意見も寄せられている。

 JR西によると、沿線でも線路への立ち入りを防ぐさくがない場所も多いといい、担当者も「立ち入らないようお願いするしかない」と困惑気味だ。

 滋賀県草津市のJR草津駅では20日、草津線全線開通120年の記念列車として「あすか」が登場。沿線にも鉄道ファンが駆けつけた。大阪市城東区の会社員の男性(47)は「一人が電車に近づくと、集団心理で群がってしまう。でも電車を止めるのはタブー。ルールは守らないと」と話していた。

ボスザル健太ら安らかに 鳥取・湊山公園に供養碑(産経新聞)
車内で男性が拳銃自殺? 身元確認急ぐ 東京・足立(産経新聞)
新幹線ホームから線路侵入、歩いた女は黙秘(読売新聞)
平塚で男性撃たれ死亡 撃った組幹部の男が出頭(産経新聞)
前副知事、接待認める=同席の県幹部ら聴取-町村会汚職・福岡県警(時事通信)

山口県で震度4(時事通信)

 21日午前11時49分ごろ、山口県などで地震があり、同県東部で震度4の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は伊予灘で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.6と推定される。 

【関連ニュース】
宮城、福島で震度3
釧路などで震度2=M6.9の深い地震
トカラ列島で震度3
千葉県勝浦市などで震度3
大阪府北部で震度3

<民主党>「政調」復活要望へ…田中真紀子氏ら(毎日新聞)
遮断棒折れ2万1000人影響 大阪の東海道線(産経新聞)
予算案の成立 年度内にめど(産経新聞)
<山岳遭難>山スキーの4人を発見、下山へ 長野・栂池高原(毎日新聞)
宇宙飛行士の野口さん同僚ソリ開発「次もぜひ」…リュージュ(スポーツ報知)

<ユキヒョウ>世界最高齢、パトラ死ぬ…名古屋・東山動物園(毎日新聞)

 名古屋市千種区の東山動物園で飼育されていたユキヒョウのパトラ(メス=体長124センチ、体重32キロ)が15日、老衰のため死んだ。21歳9カ月で、世界最高齢だった。飼育世界記録(22歳5カ月)の更新も間もなくだっただけに、動物園関係者も落胆している。

 ◇メス、21歳9カ月

 パトラは88年5月に同動物園で生まれた。園内ではオスのヒサオ(08年に死ぬ)の間に3頭の子をもうけ、各地動物園に贈られた。子孫も繁殖を続け、東山にいるコハク(オス、08年生まれ)はひ孫に当たる。

 最近は寝て過ごすことが多かったというパトラは10日ごろから食欲が落ち始めた。13日から抗生物質の投与が続けられたが、15日未明に死んだ。

 ユキヒョウは中央アジア高地に分布。美しい毛皮のために乱獲され、国際自然保護連合から絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。国内の動物園では08年末現在、パトラを含め26匹が飼育されていた。【山田一晶】

【関連ニュース】
雑記帳:10歳トラが成人式、祝いのケーキは馬、鶏で
スマトラトラ:母子の撮影成功 森林伐採で絶滅懸念
雑記帳:ベンガルトラのユパ、寂しい年明け 宇都宮動物園
雑記帳:寅年こそ嫁取り 大分の三つ子ベンガルトラ
雑記帳:トラと一緒に記念撮影 香川の動物園で人気

<JR山陽線>トラック接触で線路点検 19本運休(毎日新聞)
<小林千代美議員>北教組が1600万円違法献金の疑い(毎日新聞)
小林議員側「裏金」疑惑 組織的癒着にメス 「火のないところに煙は立たない」(産経新聞)
自民公認元セクシー女優、今週末街頭デビュー(スポーツ報知)
訃報 玉置宏さん76歳=名司会「1週間のごぶさた…」(毎日新聞)

日本製品への信頼に響く=岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は19日の記者会見で、トヨタ自動車の国内外の大規模リコール(回収・無償修理)について「メード・イン・ジャパン、日本全体の技術や商品の信頼に響きかねない問題だ」と指摘した。
 その上で、トヨタ車に対する不安や批判が意思疎通不足で必要以上に拡大する事態を防ぐため、外交ルートを通じてトヨタの対応を各国に説明する考えを強調。豊田章男社長の米下院公聴会出席に関しては「内外の消費者の安心と信頼の回復につながることを期待している」と述べた。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ社長、リコールで陳謝
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相

<スナメリ>住宅街の川で泳いでる 名古屋で騒ぎに(毎日新聞)
女性転落 間一髪で救助…線路の間に寝かせ JR高円寺駅(毎日新聞)
【中医協】再診料の統一、明細書無料発行を「高く評価」-支払側(医療介護CBニュース)
<開府400年>記念展に荒俣宏さん 名古屋(毎日新聞)
行政刷新「まず内閣府から」=枝野担当相(時事通信)

「谷垣語解釈して」記者会見で謎の訴え(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は18日の記者会見で「(言葉に)真実味が感じられない」という記者団の指摘に対し、「谷垣語はいつも穏やかだといって(本当に)穏やかだろうとお思いにならないでいただきたい」などと反論した。

 会見で話題になったのは平成22年度予算案に対する自民党の国会対応だった。

 谷垣氏は、民主党が小沢一郎幹事長らの証人喚問要求に応じないまま衆院本会議で予算案の採決を強行する場合には、「極めて厳しい国会対応を取らなければならない」と言及。しかし、審議拒否など具体的な対応手段についてはあやふやな答えに終始した。

 記者団は、自民党の姿勢を問い正そうと質問を重ねたが、返ってきたのは「谷垣語を解釈してほしい」。17日の党首討論でも甘い追及で鳩山由紀夫首相を攻めきれなかったとの指摘が相次いだ谷垣氏。ひごろから「言葉に迫力がない」(閣僚経験者)と評判は悪く、温厚な「谷垣語」を国民に伝えるのは難しそうだ。

【関連記事】
「尋問技術磨くべきだった…」谷垣氏が党首討論で反省の弁
首相、労組との関係「応援は感謝するが…」
「小沢家には『言い訳をするな』の家訓がある」 民主・平野貞夫氏
党首討論 やはり証人喚問が必要だ
「政治とカネ」追い詰められた鳩山首相

<個所付け>民主、資料の一部を野党に提出(毎日新聞)
小渕氏“伝説”聖子氏が暴露…ラジオで酒豪トーク(スポーツ報知)
【中医協】2010年度診療報酬改定を答申(医療介護CBニュース)
日韓外相、北核問題で連携確認(産経新聞)
ホームに上がろうとした女性、地下鉄にはねられ死亡(読売新聞)

民主有志、政調復活を要望=小沢氏は否定的(時事通信)

 民主党の田中真紀子元外相や生方幸夫副幹事長ら同党有志議員は17日、小沢一郎幹事長と国会内で会い、政権獲得を機に廃止した政策調査会の復活を要望した。これに対し、小沢氏は「(各省の副大臣が主催する)政策会議をきちんと機能させれば済む話ではないか」と述べ、否定的な考えを示した。この後、鳩山由紀夫首相にも要望書を提出した。
 昨秋の政権交代後、民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた「内閣への政策一元化」の方針に沿って、小沢氏の主導で政調を廃止した。しかし、党に残った議員の間では政策立案にかかわれないことへの不満がたまっていた。小沢氏に見直しを求める動きの背景には、「政治とカネ」の問題で同氏の求心力低下が指摘され始めたこともあるとみられる。
 席上、田中氏らは「政策会議が機能せず、われわれの意見を十分に反映させることができない」と指摘。小沢氏は「それは困ったものだ。首相にも伝えておく」としつつも、「君たちも悪い。政務三役をきちんと呼んで、与党の意見を反映させるようにしなきゃだめだ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相

<アルコール>分解能力を調べるスピード検査法を開発(毎日新聞)
羽曳野の射殺事件 全職員の銃剣所持状況を調査(産経新聞)
<漁船銃撃>船長2人を逮捕 位置情報示す衛星通信切る(毎日新聞)
民主・小泉議員が12分間も「小泉改革」批判 持ち時間なくなる(産経新聞)
小沢氏、検審を牽制?「強制捜査で私だけ…」(産経新聞)

<窃盗>巨人選手が車上荒らし被害…容疑者逮捕 神奈川県警(毎日新聞)

 プロ野球・巨人の加治前竜一外野手(24)=東京都調布市=が車上荒らしに遭った事件で、神奈川県警座間署などは15日、住所不定、無職、徳本孝之被告(41)=覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪で起訴=を窃盗容疑で再逮捕した。盗まれたバットやグラブなどは1月29日に返され、加治前外野手は「キャンプに間に合ってよかった」などと感謝していたという。

 再逮捕容疑は1月22日午前5時ごろ、同県厚木市内のコインパーキングで、加治前外野手の車のガラスをハンマーで割り、トランクからゴルフバッグと、野球道具が入ったボストンバッグなど38点(計約30万円相当)を盗んだとしている。【吉住遊】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:運転の男を逮捕 危険運転致死容疑など
名古屋ひき逃げ:警官追跡前は「カーナビ物色中だった」
車上荒らし:巨人・加治前選手、ゴルフバッグなくなる
旧本宮町の強盗致傷:時効2カ月前、容疑の2人逮捕へ 岡山県で車上荒らし /福島
犯罪件数:昨年、8年連続で減少 前年比940件減の2万165件 /長野

<拉致問題>安倍政権下で水面下の交渉 市民集会で元秘書(毎日新聞)
<詩音被告>ケタミン使用有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(3)「働ける」平均66歳、年商5億(産経新聞)
都内で今年初のスギ花粉(産経新聞)
わざわざ大阪に転居、夫婦が生活保護不正受給(読売新聞)

<窃盗>カーナビ被害件数、過去最多に 高級車盗も大幅増加(毎日新聞)

 09年のカーナビゲーションの盗難件数が、統計を取り始めた04年以降最多となったことが警察庁のまとめで分かった。外国人らの窃盗グループが盗み出し、ネットオークションなどにかけて高値で売却していることが背景にあるとみられる。

 警察庁によると、09年の盗難件数は2万3796件(前年比7.8%増)。車の部品を狙った盗難件数は7万5363件と減少傾向だがカーナビ盗難は増加を続けている。全体に占める割合は31.6%で、初めて3割を突破。

 自動車の盗難件数は2万5808件(同6.2%減)。6年連続で減少し、ピーク時の約4割となった。

 自動車盗は03年に過去最多の6万4223件を記録。最も有効な盗難防止装置とされるイモビライザーの装着車種が国内8メーカーの全車種の約87%(09年)にまで拡大、全生産台数に占める装着率も47.3%(08年)となったことなどを受け、04年以降は減少傾向に転じた。

 一方、高級車の盗難台数は前年に比べ大幅に上昇。トヨタの高級車のセルシオが875台(前年比54.9%増)、ランドクルーザーが812台(同63.7%増)。セルシオは約5割弱、ランクルも3分の1でイモビライザーが装着されていたことから高度な技術を持つ窃盗グループが暗躍しているとみられる。

 07年から盗難件数急増のトヨタハイエースは車種別では最多の2671台(同10.5%増)が盗まれた。高級車ではないが、中東やアフリカで人気が高く警察当局は解体後、不正輸出されているとみている。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:運転の男を逮捕 危険運転致死容疑など
名古屋ひき逃げ:警官追跡前は「カーナビ物色中だった」
広域窃盗:自動車盗容疑、リーダー格逮捕 /静岡
身近な犯罪:09年、13%減の1万1750件--県警まとめ /栃木
JA鈴鹿強盗:3容疑者を追起訴--地検 /三重

隠岐病院 70代女性患者窒息死 呼吸器、故意に外される?(産経新聞)
小沢氏と進退協議か 首相「何らかの責任」(産経新聞)
作家、詩人の川崎彰彦氏死去(時事通信)
カードで個人政治献金(産経新聞)
新聞に自分の写真、出頭した「出し子」逮捕(読売新聞)

街中で人相ピタリ 5年逃走の男逮捕(産経新聞)

 派遣社員の同僚男性から健康保険証などをだまし取ったとして、蒲田署が詐欺の疑いで住居不定、無職、稲妻敏美容疑者(52)を逮捕していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。同署によると、稲妻容疑者は約5年間にわたり逃走していたが、1月29日にJR上野駅近くの路上で、人相などから街中で容疑者を探す「見当たり捜査」をしていた警視庁捜査共助課の捜査員に発見された。

 同署によると、稲妻容疑者は健康保険証などを使って男性を装い消費者金融で約50万円を借りていたといい、容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成17年3月5日、同じ派遣会社に登録していた大田区内に住む30代の男性に「いい仕事がある。紹介するには身分を証明するものが必要」と持ちかけ、健康保険証などをだまし取ったとしている。

あいさつ交わさず、路上駐車も=逮捕の18歳少年-石巻3人殺傷(時事通信)
首相63歳に、和田アキ子さんらと誕生会(読売新聞)
死刑容認、過去最高の85・6%…内閣府調査(読売新聞)
<校長自殺>名誉棄損見直しか 最高裁が弁論(毎日新聞)
大雪と強風 新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響 (毎日新聞)

小沢幹事長の資産総額20億円、貯金0!?…衆院議員資産報告書公開(スポーツ報知)

 民主党・小沢一郎幹事長(67)の推定資産総額が夫人の所有分と合わせて約20億円に上ることが8日、分かった。同日公開された衆院議員の資産報告書では1億9304万円の12位だったが、共同通信の調査では実勢価格に換算すると報告額の10倍にもなることが明らかに。とはいえ、預貯金は何とゼロ。“たんす預金”には報告義務がないためで、実際の総資産は不明だ。小沢氏はこの日会見し、収支報告書虚偽記入事件で不起訴処分になりながら、なおも辞任と説明責任を求める世論に対して「これ以上の説明はない」と断言した。

 預貯金はゼロ、資産報告額は約2億円、夫妻の資産総額は約20億円―。「小沢家マネー」の現実が白日の下にさらされた。夫婦の資産が明らかになるのは初めて。

 国会議員資産公開法に基づいて公開された資産報告書で、小沢氏は1億9304万円で12位。ところが、共同通信の調査では、公開された資産に夫人・和子さん(65)の所有分を加え実勢価格に換算すると、推定総額は19億7390万円。世田谷区深沢の自宅(1619平方メートル)や岩手県奥州市の自宅(967平方メートル)のほか沖縄県宜野座村に2005年に購入した土地(5194平方メートル)や静岡県東伊豆町の土地(1190平方メートル)など6都県に8件の不動産を所有する資産家ぶりが浮き上がった。

 資金管理団体「陸山会」の土地購入問題で東京地検特捜部に最初の聴取を受けた後の会見で、小沢氏は04年当時の土地購入の原資に個人資金として現金4億円を使ったと説明している。ただし、規定では、いわゆる「たんす預金」には報告義務がないため、公開制度がスタートした1993年以降、小沢氏の預貯金や金銭信託は、常にゼロのままだ。

 小沢氏はこの日の定例会見で豊富な資産を問われ「金持ちであるとか金持ちでないとかは、政治家の資質の問題とはイコールではない」と素っ気なく語った。「(現金も規定に加え)透明性を高めた方がいいのでは」と問われても「それもひとつの考え方だと思います」と話すにとどまった。

 定例会見では、資金管理団体の収支報告書虚偽記入事件で不起訴処分になったことで「従来から不正な金は受け取ってないと主張してきたが、そのことが明白になった」と強調した。

 秘書経験者3人が起訴され、各社の世論調査で7割前後が「(幹事長を)辞任すべき」としたことについても言及。報道陣に対し「小沢一郎は不正なお金を受け取っているけしからん人物である、という皆さんの報道が続いた後の世論調査でございます」と不快感をあらわに。その上で「私の願いとしては小沢一郎は潔白だった、という報道を同じように続けていただいて、その後に世論調査していただければコメントします」と皮肉を込めて再調査を要請した。

 会見前には官邸で首相と会談。「仕事(幹事長職)を続けてよろしいか」と確認すると、首相からは「ぜひ一生懸命頑張ってほしい」とGOサイン。民主党は、現状通り剛腕幹事長の管理の下で参院選に突入する。

 ◆衆院議員の資産メモ
??▼平均 全480人の議員1人当たりの資産総額平均は3152万円。前回公開時(06年2月)より1830万円減。自民党平均は5018万円、民主は2693万円。
??▼1億超え 資産総額が1億円を超えた議員は25人。前回の46人を下回った。
??▼ゼロ 株式を除く金融資産も不動産も持たない議員は、前回の39人から70人に増加。民主党新人では田中美絵子、横粂勝仁両氏ら39人。
??▼新人議員 「小沢チルドレン」こと民主党新人143人の平均は1284万円、うち97人が1000万円未満。福田衣里子氏は150万円、元テレビ局員の三宅雪子氏は1517万円。自民党・小泉進次郎氏はわずか5万円だった。
??▼ビックリ… 民主党新人の磯谷香代子氏は、トヨタ自動車など6銘柄の計約1万3000株や、愛知・豊田市内に5000平方メートル超の不動産を所有。計約2700万円相当と、新人らしからぬ高額資産を保有。

 【関連記事】
藤川市議、進次郎氏が自民新プロジェクトの「応援隊」
進次郎氏、貴理事当選に“感動”
鳩山首相、施政方針演説51分で「命」25回…進次郎氏「意味分からん」
藤川優里氏「出馬は?」に笑顔で無言…自民党大会
民主党 小沢一郎 衆院議員 を調べる

「『記録ある』と検事が虚偽説明」=石井議員への「報告電話」-厚労省元部長が証言(時事通信)
爆窃団事件 香港から捜査員、銀座の貴金属店を視察(毎日新聞)
婚礼戦線異状あり ホテルウエディングの巻き返しなるか(産経新聞)
多摩のNPO スギ伐採し製品化 花粉症対策にも(毎日新聞)
<石川知裕議員>近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)

鳩山首相「分からない」 小沢氏の道義的責任の有無(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は3日夜、不起訴の公算が大きくなった民主党の小沢一郎幹事長の道義的責任の有無について、「それは分からない。冷静に状況をみるしかない」と明言を避けた。

 幹事長続投についても「今そういった人事を考えているわけでない。この時点で幹事長は幹事長として、仕事をやってもらいたいと思っている」と述べるにとどまった。首相官邸で記者団の質問に答えた。

「鳩山、小沢氏の説明・監督責任が問われた」 内閣支持率急落で大島自民幹事長(産経新聞)
警視庁蒲田署で銃弾5発を紛失か 保管記録と数合わず(産経新聞)
「お家事情」を意識? 石川議員離党で「小沢氏の責任」封印か(産経新聞)
石原知事、民主2トップに「不愉快、不可解」(産経新聞)
<しのぶ会>黒川高秀さん=3月13日、京王プラザホテル(毎日新聞)

次官から部長に降格も=官邸主導で幹部人事-公務員法改正案(時事通信)

 政府は9日午前の内閣府政策会議で、今国会に提出する国家公務員法改正案を与党に示した。内閣官房に「内閣人事局」を新設し、首相官邸主導で各省の幹部を選任するのが柱。事務次官を局長級と同格とみなし、局長級への降格を行いやすくする。勤務実績が劣る場合はさらに部長級まで降格する規定も盛り込んだ。12日に閣議決定する。
 改正案によると、首相は適格性に関する審査を行った上で、省庁横断の幹部候補者名簿を作成。名簿の中から適切な人材を選ぶ仕組みとすることで、幹部人事を一元管理する。
 各省幹部の任命権は閣僚にあるが、任免に当たっては「あらかじめ首相および官房長官に協議する」と明記。さらに、「首相または官房長官は、内閣の重要政策を実現するために必要があると判断するときは、任命権者に対し、幹部職員の任免について協議を求めることができる」と定め、官邸主導の徹底を図った。
 事務次官については「(局長級と)同一の職制上の段階に属するとみなす」と規定。勤務実績が劣る次官・局長級は「その意に反して(部長級への)降任を行うことができる」とも踏み込んだ。公募制にも言及し、民間から人材を登用できるようにした。
 内閣人事局長は、首相が官房副長官の中から指名する。初代局長には松井孝治副長官の起用が固まっている。政府は4月1日の人事局設置を目指す。 

【関連ニュース】
局長ら幹部に面談実施へ=人事の「事前調査」と警戒も
評価項目ごとに研修=国家公務員に新設
内閣人事局長に松井副長官=政治主導を推進へ
縦割り人事打破が狙い=実効性は不透明

船体前方に弾痕集中=銃撃受けた漁船2隻-1管(時事通信)
石川被告らの政治資金規正法違反は「実質犯」 動機は悪質(産経新聞)
【中医協】再診料統一、診療側と支払側の溝埋まらず(医療介護CBニュース)
<名古屋ひき逃げ>別のブラジル人出頭 携帯使用の同乗者か(毎日新聞)
新聞配達女性、死因は窒息=殺人で捜査本部-山梨県警(時事通信)

鳩山氏「友愛」実現まではひと山ふた山も(産経新聞)

【松本浩史の政界走り書き】

 4日の参院決算委員会で行われた鳩山由紀夫首相の答弁を聞いて、「この人らしいな」としみじみ感じる一幕があった。ときあたかも小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部が小沢氏や元秘書らを起訴するかどうか、政界関係者はかたずをのんで、その行方を注視していた折である。

 「自由が行き過ぎると弱肉強食になってしまう。その一方、平等を重んじると自立心が失われてしまう。そのバランスをとるところに『愛』がある」

 自民党議員が発した「『友愛政治』とは」との質問に、わが意を得たりと熱く語っていた。特捜部の出方次第では、政権の足元が揺らぐ危機に見舞われそうな中で、「愛」を堂々と語っている姿に、のんきなのか、ものすごい大物政治家なのか、つかみどころのない振る舞いに、そう感じたのである。

 鳩山氏が掲げる「友愛」の政治理念は、鳩山氏が尊敬してやまない祖父・一郎元首相が掲げていたもので、オーストリアの政治家、リヒャルト・クーデンホフ・カレルギー氏が打ち出し、欧州連合(EU)構想のベースになった。

 鳩山氏の発言が誘い水となって、一郎氏の「鳩山一郎回顧録」(昭和32年出版、文芸春秋新社)を書棚から取り出してページをめくっていくうちに、日本自由党を結成した昭和20年当時を振り返った一説に目がとまった。

 「日本には利益や権力を主眼とする政党はあるが、主義主張を主眼とする政党はない様に思い出した。又政党には情義を重んじ過ぎてはいけないかもしれないが、しかし情義のない政党の党員となっていることを非常につまらぬように考えた」

 海千山千がうごめく政界にあって、鳩山氏は、政略や駆け引きが不得手な理念型の政治家だ。今国会の施政方針演説は、「命を守りたい」というフレーズで始まり、マハルト・ガンジーの慰霊碑に記された「理念なき政治」など「七つの社会的大罪」にも言及したように、政治理念がふんだんに盛り込まれていた。

 鳩山氏には、「主義主張」や「情義」を重んじる一郎氏のDNAが強く受け継がれているようで、その輪郭が「友愛」なのだろう。

 しかし、この「友愛」理念に拘泥すれば、自由と平等の狭間(はざま)で身動きが取れなくなり、為政者としての強いリーダーシップを発揮できない陥穽(かんせい)に陥らないか。人を押しのけて政界の階段を駆け上がるイメージとはほど遠く、名家生まれの人柄のよさをそこはかとなく漂わせる本人のキャラクターが加われば、そうした懸念はなおさらだ。

 自身の弱点を自覚しているのか、先の衆院選で民主党が単独過半数を獲得し、組閣・党役員人事に頭を悩ましていたとき、代表代行だった菅直人副総理・財務相の処遇が話題になり、鳩山氏は周辺にこう語っている。

 「菅さんの行動力ってすごいんだよな」

 薬害エイズ事件では、旧厚生省を向こうに回し、行政側の過ちを証明するファイルを公表。国民に鮮やかな政治主導を印象づけ、国会審議でも舌鋒(ぜっぽう)鋭くときの政府に切り込んだ菅氏の政治スタイルをうらやむ気持ちが垣間見える。

 鳩山氏と同様、一郎氏にもアクの強さが欠けるとの評がついて回った。だが、一郎氏には寝業師の大野伴睦、三木武吉ら弱点を補える側近がいた。鳩山氏はどうか。剛腕で鳴らす小沢氏がキングメーカーとして君臨しているのは明らかで、党運営は言うに及ばず、政権運営にも小沢氏の影がちらついている。

 もっとも、政治資金の虚偽記載をめぐる自身の「政治とカネ」問題と相まって、その小沢氏も同じ問題で世論の批判を浴びていることが、いま現在置かれた鳩山政権の混迷ぶりを物語っている。幹事長を続投する小沢氏や、それを容認した民主党に対する世論の矛先は鋭さを増すばかりだ。

 回顧録で一郎氏は、斎藤実(まこと)内閣で旧文部相を辞任したときの経緯に触れている。ある贈収賄に絡み国会で執拗(しつよう)な攻撃を受け、「明鏡止水の心境において善処します」と答弁した。ところが、意に反して辞任の意思表示だと受け取られ、本当にそうなってしまったという。「ヒョイと頭に浮かんだ」と回想している「明鏡止水」は、当時の流行語になった。

 祖父と孫が「政治とカネ」問題で国会追及を受けるのも皮肉な巡り合わせだ。

 鳩山氏にとってここしばらくは、政権交代の「祝福ムード」も消え、昭和61年に初当選を果たして以降、経験したことのない試練が続く。「政治とカネ」問題の代償は今後もついて回るだろう。5月までに決着させると公言した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題も重くのしかかる。「友愛」の理念を結晶化させるには、超えなくてはならない山がまだひと山もふた山もある。

【関連記事】
小沢氏「我慢、我慢」で活路は開くか
みんな「小沢」に右往左往 夏の参院選に照準
「へたな鉄砲も…」小沢氏不起訴で乱れ撃ち
ハイチPKOの派遣部隊1陣が出発 首相「誇りを胸に」 
鳩山首相「検察は公正」 小沢氏不起訴で

木嶋容疑者 携帯メールも削除 金銭要求など隠す?(産経新聞)
昨年の月給、減少率最大=3.9%マイナス-厚労省調査(時事通信)
<河津桜>開花始まりメジロも喜ぶ 春いよいよ 静岡(毎日新聞)
<つくば風車>業者丸投げ 助役も賠償責任 東京高裁(毎日新聞)
「港目指し逃亡」と供述=国外脱出図る? -名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)

竜巻 発生か ビニールハウス30棟損壊 鹿児島(毎日新聞)

 1日午前9時半ごろ、鹿児島県・薩摩半島南部の南九州市と南さつま市で竜巻とみられる突風が発生した。県危機管理防災課によると、ビニールハウス2棟が全壊するなど30棟に被害が出たほか、住宅6棟の屋根瓦が一部でずれた。けが人は確認されていない。

 南九州市頴娃(えい)町郡(こおり)の勝縁保育園(田宮日出男園長、72人)では、プラスチック製のすべり台が約20メートル離れた民家の庭まで飛ばされた。また、駐車中の乗用車が風で動き、別の駐車車両と衝突する被害もあったという。

 鹿児島地方気象台は午前8時25分、薩摩・大隅・種子・屋久地方に竜巻注意情報を出していた。職員9人を現地に派遣し、被害状況を調査している。

 保育士の女性(50)は「暗くなったと思ったら、突然すごい風がきて窓が割れそうになった。泣き出す園児もいた。外で遊んでいたらと思うと、ぞっとする」と話した。【黒澤敬太郎】

【関連ニュース】
強風:東京・八王子でクレーン車横転
突風:群馬・館林で竜巻?
突風:2棟全壊、2人が軽傷…岡山・美作で計36棟被災
貨物機が着陸に失敗し横転、炎上 乗員2人死亡 成田空港
悪天候:各地で大雪や強風 日本海側は14日も大雪

鳩山首相 小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問(毎日新聞)
<ネットオークション>米国製「駅馬車」をヤフオクで公売へ 静岡県三島市(毎日新聞)
「投票になったら負ける」前副知事が説得工作(読売新聞)
<雑記帳>バレンタインデーに京漬物を(毎日新聞)
五輪招致活動報告書が判明 知事、61委員と交渉 深い関係築けず(産経新聞)

<関西テレビ>プロ野球選手ら情報のUSBメモリー紛失(毎日新聞)

 関西テレビ(大阪市北区)は5日、現役選手11人やOB、球団職員らプロ野球関係者計102人の氏名と住所の情報を含むUSBメモリーを社員2人がそれぞれ社外に持ち出し、紛失したと発表した。うち1本は拾った通行人から回収。もう1本はまだ見つからず同日、警察に届け出た。同社は2人を口頭で厳重注意した。

 同社によると、2人は番組制作スタッフで、同じ職場に勤務。メモリーにはプロ野球関係者の個人情報の他、番組企画書なども入っていた。今月2日、通行人が大阪市内でメモリー1本を拾い、中身を見て4日に同社に届けた。同社は「改めて管理・指導を徹底し、再発防止に取り組みたい」としている。

【関連ニュース】
成績情報:USB保存防止システム導入へ 都立学校
注目リリース:バッファロー、「GNO3 USBメモリーパッケージ」を発売
機動戦士ガンダム:オンラインゲーム「GNO3」 「サイコガンダム」USBメモリーでも販売
阪神大震災:スペシャルドラマ放送 櫻井翔で「神戸新聞の7日間」、森山未來の「その街のこども」
まっすぐな男:初回視聴率10.7% 佐藤隆太が信念の男に

毎日新聞記者、無免許運転容疑で摘発(読売新聞)
<日中歴史共同研究>報告書を公表 南京事件隔たり埋まらず(毎日新聞)
ドナーカードの様式で議論―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
<水俣病>救済方針案の年齢制限に反対 未認定患者団体(毎日新聞)
菅財務相、新成長戦略を説明へ=カナダG7、6日開幕(時事通信)

鳩山首相 小沢氏の幹事長続投、改めて容認(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は3日、小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件で、小沢氏の幹事長続投について「この時点において、幹事長として仕事をやってもらいたい」と述べ、続投を容認する考えを重ねて示した。その上で「(小沢氏を党幹部とした)この体制で選挙を戦って、こういう状況(政権交代)になったのだから、今この段階で(続投と)思っているのは至極自然だ」と指摘した。首相官邸で記者団に語った。

 記者団からは「小沢氏が不起訴となった場合でも道義的責任が生じるか」との質問が出たが、首相は「小沢幹事長は潔白だということでいろいろ説明されている。冷静に状況を見るしかない。仮定の話にこれ以上、答えるべきではない」と述べるにとどめた。【影山哲也】

【関連ニュース】
参院代表質問:「同志」発言で鳩山首相が答弁
鳩山首相:小沢氏報道「冷静に見守る」
子ども手当:首相、満額方針変えず 経済効果は1兆円
党首討論:17日開催で与野党合意 初の鳩山首相対自・公
鳩山首相:小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問

節分 年男や年女が豆まき 福岡・櫛田神社(毎日新聞)
「大たこ」ピンチ 大阪高裁が土地明け渡し命令(産経新聞)
<大雪>関東甲信に注意報 2日未明にかけ都心でも5センチ(毎日新聞)
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相(産経新聞)
診療明細書、全患者に無料で…10年度義務づけ(読売新聞)

<テレビ発火>三菱電機26万台使用中止(毎日新聞)

 経済産業省は4日、約20年前に製造された三菱電機製のブラウン管テレビが発火する事故が3件あったと発表した。経年劣化が原因とみられ、対象機種約26万台の使用中止を呼びかけている。

 対象製品は88年5月~91年1月に製造された29C-AT1▽29C-AT81▽29C-AT91▽29C-AT1BS▽29C-BA1▽27C-AT1▽29C-AT2▽29C-AT92▽29C-DA2▽27C-AT2▽29C-AT3▽29C-AT93▽29C-A3Z▽27C-AT3--の14機種と、ブラザー工業ブランドのCT29-844▽CT29-845▽CT29-846▽CT29-847▽CT27-742--の5機種。現在も使用されているのは約400台とみられるという。問い合わせは三菱電機(0120・250・395)まで。

【関連ニュース】
ブラザー工業(6448)は東証1部上昇率8位で前場を終了 複合機販売回復で通期利益予想を再増額
本日の予定

<舛添要一氏>「首相」宣言 新党結成は否定(毎日新聞)
<鳩山首相>「小沢氏は責任果たしている」(毎日新聞)
不穏当発言「適当じゃなかった」亀井氏認める(読売新聞)
<野田副財務相>小沢氏進退判断は捜査や参院選の情勢を見て(毎日新聞)
太田氏の擁立撤回検討=参院比例、世代交代を意識-公明(時事通信)

「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及(産経新聞)

 岡田克也外相は1日、日本記者クラブで記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「ほかになければ普天間が今のままということもあり得る」と述べ、継続使用の可能性に言及した。

 岡田氏は、鳩山由紀夫首相が普天間飛行場の継続使用を否定したことについて「思いをいわれたが(対象外と)明確にはしてないと思う」と述べた。ただ、岡田氏は「普天間の危険な状況を除去することからスタートしたので、(普天間継続使用は)あまり望ましいことではない」とも語った。

 さらに移設先について「基本はゼロベースだからあらゆる可能性がある。(同県名護市辺野古への)日米合意案も含まれている」と指摘。米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合案については「ゼロベースだからあきらめていない」と述べた。

【関連記事】
自民の石原氏、「7つの大罪」で首相を追及
名護市長選 米主要紙も一斉報道したその内容とは…
鳩山首相は足利義政か 問題を先送りする優柔不断さ
鳩山政権の判断見守るで一致 沖縄知事と米国防次官補が会談
普天間発言で平野官房長官を擁護 岡田外相

宮城県北部で震度4の地震(産経新聞)
中学受験 不況知らず「減少なし」 東京、神奈川 あすから私立中入試(産経新聞)
小沢氏は説明責任を=福島氏(時事通信)
JR五日市線で人身事故、1900人に影響(読売新聞)
携帯から金・銀 ドコモの自己循環リサイクル(産経新聞)

新幹線ストップ 暑くて下着姿になった人も(産経新聞)

 「暑くて空気が悪かった」-。停電の影響で、上下線とも東京-新大阪間で運転がストップした東海道新幹線。横浜市のJR東海道線新横浜駅では、ホームで停車している新幹線と、次の新幹線を待つ客らでホームはごった返した。車掌に詰め寄る乗客もいる中、午後5時過ぎに運転が再開すると、乗客らは疲れた表情で足早に目的地へと急いだ。

 新横浜駅で停車していた新幹線の車内は電気がつかず、窓が吐息で白く曇っていた。乗客らは暗い車内で本を読んだり、携帯を見たりと運転再開を待っていた。午後5時過ぎ、「間もなく出発します」とのアナウンスが流れると、次の新幹線を待っていた乗客らも停車していた新幹線に乗り込み、満員電車のような状態になった。

 新横浜駅の手前で立ち往生した新幹線に乗っていた愛知県豊橋市の会社員、榎本勝弘さん(67)は豊橋駅から乗車したといい、「重要な会議があって八王子に行く予定だったがもう間に合わない。車内では寝ていたが疲れた。1、2分で着く距離だったので降りて歩きたかった」とうんざりした様子で話した。

 停止していた新幹線内では、「ご迷惑をおかけします」などとアナウンスが流れていたが、しばらくして「電池がなくなるので放送できません」と放送もストップし、車掌らが懐中電灯を持って車内を回っていたという。

 広島駅から乗車した広島県東広島市の主婦、古川淑子さん(62)は「車内はとても暑かった。シャツを脱いで下着になっている人もいた。飛行機よりも天候に左右されないと思って新幹線にしたのに」とあきれた様子で話した。

【関連記事】
停電でストップの東海道新幹線、運転再開
東海道新幹線、停電で一部運転見合わせ 架線切れ、復旧には時間も
踏切遮断棒折れ影響2万人超 尼崎のJR福知山線
JR阪和線で遮断棒折れ 堺市-三国ケ丘駅間の踏切
田園都市線つきみ野駅で女性が飛び込み 中央林間-長津田間が一時ストップ

<毎日写真コンテスト>優秀作品展始まる 東京・赤坂で(毎日新聞)
<毎日写真コンテスト>東京で表彰式(毎日新聞)
<動く古代天井>CGの海の生物が動く…福井県立恐竜博物館(毎日新聞)
3兆円減の予算対案=財政再建を強調-自民(時事通信)
創価学会の池田名誉会長が平和提言(産経新聞)

【from Editor】今年は青森がブレーク?(産経新聞)

 毎年、初詣では1月2日にさいたま市の大宮氷川神社へ行っている。今年は三が日で約205万人(警察調べ)の参拝客が訪れたという。全国でベストテンに入っており、例年、長蛇の列となるが、時間帯のせいか今年はスムーズに参拝できた。

 氷川神社は孝昭天皇3年(紀元前473年)に創建され、祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)だったが、明治15年に社殿を改造した際、現さいたま市に分散していた稲田姫命(いなだひめのみこと)と大己貴命(おおなむちのみこと)を組み込み三柱の神をまつっている。

 参道はケヤキなどの並木で覆われているが、以前はマツやスギが主流だったらしい。戦中戦後に燃料として伐採されたため植え替えられた。三が日に参道に並ぶ屋台は100店を超える。出店でいか焼きを肴(さかな)に熱かんを飲むのが当たり前のように、“正月の儀式”のひとつになってしまった。

 店を出ようとしたとき、青森県に単身赴任している知人に会った。浦和総局(現さいたま総局)勤務時に市町村合併問題を熱く語り合った人だ。青森から観光大使を委嘱されているという。血糖値や尿酸値が高いなど体調面の話から始まり、「厳しいなぁ」を連発する。自社の支店統合は避けられないという。

 今年12月、青森県が待ち望んでいた東北新幹線の延伸が実現する。現在、東京から最短で約4時間かかっているが延伸により40分間短縮される。東北に新幹線が通った昭和57年からなんと28年になる。

 この間、東北は大きく様変わりしてきた。仙台市が政令指定都市になり、盛岡、山形、秋田と新幹線が開業。メリット、デメリットはあるものの、少なからず恩恵を得た。それだけに企業や観光客の誘致は八戸に延伸されたときから始まっている。

 知人によると、青森ねぶたが行われる8月までが勝負という。今、首都圏を中心にキャンペーンを展開しているが、知人から「とことん青森2010」と書かれた大量のパンフレットが送られてきた。

 青森の冬の名物「じゃっぱ汁」を食べに来いとメモ書きがあった。「じゃっぱ汁」とは鱈(たら)のアラのことで大根、白菜、豆腐、コンニャクなどをみそで煮る料理で体の芯から温まるという。

 背水の陣をしいていると聞く。なぜなら5年後には北海道まで新幹線が延伸されるからだ。今年は青森がブレークする?(地方部長 津崎文明)

<障害者施設放火>元世話人に懲役12年 横浜地裁(毎日新聞)
関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意-気象庁(時事通信)
入院患者の身体拘束 病院の措置は「合法」 患者側逆転敗訴 最高裁判決(産経新聞)
「基地なくても…」基地問題は経済問題(産経新聞)
妻殺害の男に懲役11年=裁判員「若い人も積極参加を」-盛岡(時事通信)

<国家公務員法改正案>骨子まとまる 幹部人事を官邸で管理(毎日新聞)

 政府は29日午前の閣僚懇談会で、今国会で提出する国家公務員法改正案の骨子をまとめた。幹部人事を官邸で一元管理する内閣人事局を4月に設置し、次官級から局長級への降格を可能にし、省庁横断的な幹部職の異動もできるようにする。部長以上の幹部職を民間からも公募できる仕組みを盛り込む。

 改正案では、内閣人事局で幹部候補者名簿を作成。官房長官が適格性を審査した上で、公募した民間人も名簿に掲載できるようにする。事務次官と局長級の名簿と、部長級以上の名簿の2種類で人材をプールし、首相や閣僚の判断で名簿から幹部を登用できるようにする。

 次官級から局長級への降格は、政治主導での幹部人事を行いやすくする狙いがある。現行法では勤務実績の悪い人を降任できる分限処分しかないが、適用が難しかった。降格を容易にすることで、政権の考えに沿う次官を適宜配置できるようになる。【小山由宇】

自民党大会 ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
元特捜検事・田中被告の控訴棄却…大阪高裁(読売新聞)
誤投与で80歳代男性患者死亡 愛媛県立新居浜病院(産経新聞)
中国人ビザの年収要件撤廃を=スポーツ観光は強化-観光庁長官(時事通信)
JR福知山線ATSトラブル(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。